大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【今月のお題】 社長の胆力の鍛え方

投稿日時:2007/06/14(木) 16:12rss

【今月のお題】社長の胆力の鍛え方

社長(経営者)になるとは最高の職業と思う。

今は、やる気さえあれば、社長になることは、それほど難しいことではない

しかし、一般に、企業の寿命は平均10年といわれ、そう簡単に

長く続けられる役職でもない。

 
結論から言えば、胆力は経営していく過程で、必然に身に付くもので

鍛えて培われるものでもない。


さて、経営とは、生産、販売、経理、のバランスをとる事で

進歩、発展の循環が出来、成長を続けていくが、

継続(社歴)が重要だと思う。

この三つ(生産、販売、経理)をバランスさせる能力(経営能力)は、

創業者だったら、必要条件であるが、経営しているとその過程で

必然的に身に付き、経営の基となる、あとは経験を積み重ねる事である。

当社や、社歴の古い会社が現在があるのは、激しい、競争に打ち勝ち、

修羅場を数多く潜ってきた結果だと思う。

また、其の時々の、経験や体験で胆力は鍛えられたものだと思う。


事業とは、時代をとらえること、其の時代に必要な商品や

サ-ビスを生み出さないと、事業は衰退し企業の存続が危ぶまれる。

特にこれからの時代は、ITの進化のスピ-ドが早く、

時流に合った経営しないと厳しい経営をせまられる。


社長にとって、事業経営は、人生そのもの、よくても、わるくても、

全ての責任を負うがやりがいのある仕事でもある。

決断こそ経営者の優れた能力を試す瞬間である。

トラックバック一覧

コメント


ご寄稿ありがとうございます!

高尾様、オフ会では大変お世話になりました。わざわざ東京までお越しいただき恐縮しております。
おっしゃるように、胆力とは御社のように果敢なチャレンジをしていかれるなかで、培われていくのでしょうね。能力や勘、責任感があってこそ、大きな決断ができるのかと思いました。ご寄稿ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます!

Posted by 編集部・酒井俊宏 at 2007/06/15 08:33:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1967年創業の餃子類、焼売類、飲茶類、中華饅頭類、太平燕、手羽餃子等のメーカーです。 モットーは「まごころでつくる手づくりの味」 企業使命感は「まごころで信頼の味を広げる双和食品」...

詳細へ

個人プロフィール

1942年9月生まれ福岡県出身 

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • 熊本地震 「餃子の王国」の支援をお願いします。 from ベローズ 案内人
    熊本の双和食品工業㈱の高尾幸子社長さんは、私と同じ当初からの経営者会報ブログの会員さんです。 この双和食品工業株式会社さんの工場も熊本地震の被害にあいインフラが整うまでの間、工場が操業できず、ようやく工場が動くようになったそうです。 それまでの状況...
  • 熊本地震・双和食品工業【餃子の王国】さんを支援願います from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 経営者会報ブログサロンを運営する事務局である日本実業出版社から 連絡が来たのは昨日のことである。 サロン立ち上げ初期の頃からブログで発信し続けておられる 双和食品工業株式会社の高尾幸子社長の会社が被災されたという情報が 回覧されたのだ。 熊本発のネット通販で餃子といえば 双和食品工業株式会社 さんで 熊
  • 新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい!』店頭展開開始! from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』の店頭展開が開始になりました。 昨日、FBで東京の神田啓文堂さんでの購入情報を得たのですが 大阪は今日からだと思ったので、朝一番で事務所の最寄りの書店である 紀伊国屋書店本町店さんにお邪魔したところ、まさに品出しの真っ最中でした! 書店員さんに「私の本なんです!どうぞよろしくお願いします!」とご挨拶。 そして新刊はこのよ
  • 【ブログピックアップ】双和食品工業 高尾幸子さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 双和食品工業の高尾 幸子さんです。  ...
  • 打たないで、インフルエンザワクチンは危険、 from 真実の扉
    「インフルエンザは打たないで」という本の、出版社/著者からの内容紹介を追記しました。  インフルエンザ・ワクチンは効きません!  関係者には常識です   1.日本で接種が始まった当初から関係者にはわかっていました。効かないということが。   2.効果がないので1994年には小中学生への集団接種も中止されてしまったほどです。   3.効かないことは厚労省もわかっています。「流行対策がない」との批判を避けたいだけです。他・・・