大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


熊本のうまいもん(NO4)

投稿日時:2009/01/07(水) 15:31rss

からし蓮根 (NO4)

熊本の「おせち」にかかせないのが ”からし蓮根”

由来は今から役340年前寛永九年肥後藩主細川忠利公のころと

言い伝えられています。

昔ながらの製法が代々受け継がれているもので由来書によると

側近の者が病弱だったお殿様を丈夫にしょうと増血剤として

薬効のあるレンコンに栄養価の高い味噌と和辛子をまぜ、

衣を付けて油で揚げました。

衣にもソラ豆の粉などを加えいつまでもやわらかく、

美味しく食べられるよう工夫がなされている栄養満点の

料理で、お殿様もことのほか好物であったといいます。

当時は殿様だけの食べ物で門外不出の珍味として

一般庶民は口にしたこともなく明治になって武家社会が崩れ

城下町の商人たちが「辛子蓮根」屋を開くようになり

一般に広がりました。

辛子蓮根の切り口が細川家の家紋九曜の「紋」に通じて

いるのも面白いことです。

karasi2




   

トラックバック一覧

コメント


由来を知ると

高尾さま

いつも美味しい餃子をありがとうございます!
日実の佐藤です。

からし蓮根の由来、初めて知りました!
世が世なら庶民の口には入らなかったと聞くと、
とたんに食べたくなりますね。

それにしても、からしと蓮根の組み合わせを
最初に考えた人はすごい。

熊本のうまいもんシリーズ、
これかも楽しみにしています!

Posted by さとうせいいち at 2009/01/07 17:32:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1967年創業の餃子類、焼売類、飲茶類、中華饅頭類、太平燕、手羽餃子等のメーカーです。 モットーは「まごころでつくる手づくりの味」 企業使命感は「まごころで信頼の味を広げる双和食品」...

詳細へ

個人プロフィール

1942年9月生まれ福岡県出身 

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年12月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 熊本地震 「餃子の王国」の支援をお願いします。 from ベローズ 案内人
    熊本の双和食品工業㈱の高尾幸子社長さんは、私と同じ当初からの経営者会報ブログの会員さんです。 この双和食品工業株式会社さんの工場も熊本地震の被害にあいインフラが整うまでの間、工場が操業できず、ようやく工場が動くようになったそうです。 それまでの状況...
  • 熊本地震・双和食品工業【餃子の王国】さんを支援願います from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 経営者会報ブログサロンを運営する事務局である日本実業出版社から 連絡が来たのは昨日のことである。 サロン立ち上げ初期の頃からブログで発信し続けておられる 双和食品工業株式会社の高尾幸子社長の会社が被災されたという情報が 回覧されたのだ。 熊本発のネット通販で餃子といえば 双和食品工業株式会社 さんで 熊
  • 新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい!』店頭展開開始! from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』の店頭展開が開始になりました。 昨日、FBで東京の神田啓文堂さんでの購入情報を得たのですが 大阪は今日からだと思ったので、朝一番で事務所の最寄りの書店である 紀伊国屋書店本町店さんにお邪魔したところ、まさに品出しの真っ最中でした! 書店員さんに「私の本なんです!どうぞよろしくお願いします!」とご挨拶。 そして新刊はこのよ
  • 【ブログピックアップ】双和食品工業 高尾幸子さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 双和食品工業の高尾 幸子さんです。  ...
  • 打たないで、インフルエンザワクチンは危険、 from 真実の扉
    「インフルエンザは打たないで」という本の、出版社/著者からの内容紹介を追記しました。  インフルエンザ・ワクチンは効きません!  関係者には常識です   1.日本で接種が始まった当初から関係者にはわかっていました。効かないということが。   2.効果がないので1994年には小中学生への集団接種も中止されてしまったほどです。   3.効かないことは厚労省もわかっています。「流行対策がない」との批判を避けたいだけです。他・・・